Professionals
プロフェッショナルズ
004
特任講師
今、地上で生きている人々が最後のデギュスタトゥー(試飲者)であると僕は思っています。
トゥール ダルジャン パリ本店 シェフ・キャヴィスト
林 秀樹
プロフィール
トゥール ダルジャン パリ本店 シェフ・キャヴィスト

1980年に渡仏。セーヌ川沿いにある名門レストラン『トゥールダルジャン』パリ本店にて、世界一と評される カーヴを20年にわたり守るキャヴィスト。カーヴ内にある60万本、約1万1000種類を熟知し、 ワインのコンディション管理を担当。その高い知識と経験に裏打ちされた感性は高い評価を得ている。
担当講座
林特別講師 特別熟成ワイン講座
メッセージ
ワインは呑んでしまったら、それで地球上から消えてなくなってしまう芸術品…。
今、地上で生きている人々が最後のデギュスタトゥー(試飲者)であると僕は思っています。
僕達は、最高の熟成に達成したワインを呑むことのできる最後の人類かもしれませんね。
LdVより:世 界的に著名なグランメゾンであるフランス トゥール・ダルジャン本店。その地下カーヴには実に60万本ものワインがあり、このワインの管理をしているのが 本校パリ校準備室校長の林秀樹氏です。辻仁成氏著書の「黄昏のアントワープ」の中でも世界一のカーヴをもつ「トゥールダルジャン」のソムリエ・キャヴェス トである林秀樹氏との出会いが紹介されています。
Blog パリの酔っ払い日記