Professionals
プロフェッショナルズ
027
特別講師
ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています。
醸造家
仲田晃司
プロフィール
醸造家
1995年、単身渡仏
フランス各地のワイン生産者のもとで醸造の修行を重ね、1999年、ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。
2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立。
2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得。
http://www.loudumont.com/

大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いて、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。
フランス各地のワイン生産者のもとで醸造の修行を重ね、1999年、ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。

2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立。

仲田氏のワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念。
仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げている。

2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より
「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、
「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれた。
ルー・デュモンの名前の由来は、DUMONT(山という意味)。
仲田氏の生まれ故郷岡山県にある松山城をイメージしたもので、「心の中にはいつも故郷を抱く気持ちをその中に込めた」という意味でつけられている。

「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田氏。
2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得。

http://www.loudumont.com/
担当講座
特別講座